宮川紗江がストックホルム症候群の噂?弁護士の見解や世間の反応に思うこと

こんにちは~やじうま管理人です(^^)

 

今回は、現在ワイドショーを賑わしてる

女子体操界のパワハラ騒動被害者である

宮川紗江についての記事です。

 

宮川紗江の一連の発言について

「ストックホルム症候群」を疑う弁護士の会見や

世間の反応が気になりました^^;

ということで

  • ストックホルム症候群とは?
  • 弁護士がワイドショーで語った見解
  • 世間も宮川紗江の発言に違和感?

についてまとめました!

スポンサーリンク


宮川紗江の告発コメント

会見の数日前・・・

宮川紗江が発表した直筆のコメントがこちら。

画像の直筆文章を見ると・・・

  • コーチとだからこそ、金メダルという目標に向かって頑張ってきた
  • 他のコーチとでは、私が望むことではないし意味もない

というコメントがあります。

 

そして、会見を開き

生の声で宮川紗江が告発した内容がこちら。

  • コーチの指導は厳しさの中に何倍もの楽しさ、やさしさがあった
  • コーチの処分は重すぎる、自分も家族もパワハラだとは思ってない
  • 一からコーチと出直すつもりで再スタートしたい
  • 暴力の件を利用して私とコーチを引き離そうとしてる
  • 暴力を受けたと言えるのは、自分が気を抜いてしまい大怪我につながるような場面で厳しく指導されただけ
  • コーチの厳しい指導で体を痛めたり怪我を負ったことは一度もない
  • コーチも暴力と言われてしまうような厳しい指導をしたことを、とても反省しています

 

宮川紗江の直筆コメント&会見コメントから分かるのは

「速見コーチを全面的に擁護している」って事。

私自身は

「深い信頼関係があるんだなぁ~」

と、ただただ関心したのですが・・・

 

このパワハラ騒動の被害者である宮川紗江が

「全面擁護する姿勢」に違和感を感じた人も多いようです。

スポンサーリンク


ストックホルム症候群を疑う弁護士

某ワイドショーにコメンテーターとして

度々出演する某弁護士が

客観的な判断が必要になる。被害者が生存戦略として加害者との間に心理的なつながりを持つようになる“ストックホルム症候群”の恐れも否定できない

という見解を述べているんですよね。

 

もちろん、こういったケースを多く見てきた

専門家の見解ですから否定は出来ないですが・・・

この時感じたのは

  • これ、まさか協会の回し者じゃないよね?!
  • 勇気ある告発を「ストックホルム症候群」と片付けられたら、どれだけ傷つくだろうか?

なんて色々心配になりました^^;

ストックホルム症候群とは?

そもそも・・・

ストックホルム症候群とはどんな症状なのか?

が気になり調べてみると・・・

  • 誘拐や監禁などの被害者が「生存する為」に犯人との間に精神的つながりを築くようになること

と解説されています。

ようするに・・・

被害者&加害者の関係が時間の経過と共に

信頼関係や好意を持つ心理状態に変わっていく

という症状なんですね。

 

凄く簡単に、今回のケースに当てはめてみると・・・

宮川紗江がどんなにコーチから厳しい指導をされても

「自分が悪いからだ、自分の為に厳しくしているんだ」

暴力だと受け止めない支配された心理状態=洗脳状態だった

と疑う声もあるようです。

 

世間の反応~「勇気ある告発」「違和感」

鶴見虹子や田中理恵など女子体操の先輩からは

「全力で応援する」「協力したい」など

心強い言葉が宮川紗江に向けられてまね!

 

しかし、宮川紗江がコメントや会見が報じられた後

ネットに上がった反応は・・・

勇気を称える応援コメントが多く挙がった一方で・・・

こんな声も挙がってるんですよね。。。

改めて

自分の意見=大衆の意見とは限らない

というのを実感しました^^;

おすすめ関連記事!

 

まとめ

ということで・・・

最後に何の役にも立たない個人的見解を述べてみると(爆)

 

宮川紗江はストックホルム症候群でもなく

コーチに洗脳されているわけでもなく

純粋にコーチとの信頼関係が強いだけと思いますね。

 

理由は、宮川紗江の両親も

「コーチを信頼している」という部分。

 

これが信頼ではなく支配で成り立った関係なら

両親が気づかないはずがない!って思います。

 

という事で、是非コーチには

宮川紗江や両親の信頼に答える為にも

オリンピックまで全力で頑張ってほしいと思いますね!

スポンサーリンク


2 件のコメント

  • いや。。。どう考えてもストックホルム症候群でしょう。
    そこそこ面構えは良いみたいだから、恋愛感情を基にしたDV夫そのものでは?
    未成年に指導の名のもと暴力をふるうような男がまともな信頼に値する指導者とは毛の先ほども考えられません。

  • 私もこの問題は宮川選手のストックホルム症候群に焦点をあてるべきだと思います。
    マスコミの流れが昨今のパワハラ問題に便乗しすぎて焦点がぼやけてきてますね。

    池谷幸雄氏をはじめ、宮川選手にエールを送る選手陣が
    日体大卒ばかりという不自然さも塚原夫妻をパワハラの悪者に
    仕立て上げて徳をする利権の影がちらつきます。
    もちろん塚原夫妻を擁護するつもりはないです。

    「宮原紗江パワハラ問題・ラビット体操塾」で検索してみて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です