樹木希林の現在~ガンの状況や治療法は?全身ガンが嘘くさいの理由!

こんにちは~やじうま管理人です(^^)

 

今回は「全身ガン」を患い現在の状況が気になる

女優・樹木希林についての記事です。

「一時危篤状態だった」と本木雅弘が明かしましたが

現在は幸いにも持ち直したとの事。

 

ということで、そんな樹木希林の現在

  • ガンの状況や治療法
  • 全身ガンが嘘くさいと噂の理由

についてまとめました!

スポンサーリンク


樹木希林の現在~ガンの状況

「一時危篤状態だった」なんて報じられた樹木希林。

現在の全身ガンの状況が気にかかるところですよね。

 

結論から言うと・・・「ガンの状況は現状維持」

病状が目立って進行してるというよりは

年齢や治療などの影響で

「少しずつ体力が弱っている」という事のよう。

 

また、今回報じられた

「一時危篤状態だった」というのも

ガンに関連した病状というよりは

大腿骨骨折をして手術したのが大きな負担だった

のでしょう。

 

年齢的には「麻酔で手術、寝たきり」という状態が

たった数日でも大きな負担になる中で

 

樹木希林はガン闘病中というのもあり

同年代の高齢者よりも体に係る負担は大きいでしょう。

 

現在までは

ガンと上手く付き合って状況が安定していたので

ファンとしても楽観してた部分もありますが・・・

 

今後は手術して入院した事で

免疫力や体力が落ちてより一層

体調や健康管理に気を使わなければいけない

のは確かですね。

 

私の祖母も80代で自転車のるほどピンピンしてたのに

骨折して入院→肺炎→亡くなる

という今でも信じられない状況だったんですよね。

 

樹木希林も現在リハビリ開始してるとの事なので

一日も早く元気な姿をみせて安心させてほしいものです。

スポンサーリンク


ガンの治療法は?

樹木希林が全身ガンを告白した5年前から

実はずっと気になってたのが「治療法」なんですよね。

 

ガン治療=髪が抜ける抗癌剤治療

というイメージがどうしても強かったので

 

「姿を見ると抗癌剤治療してる形跡もないし、怪しい民間療法でもしてるのかな」

なんて思ってました^^;

 

しかし、樹木希林の現在の治療法は至ってシンプル。

「放射線治療のみ」だとか。

数年に一度、全身に転移しているガンすべてに放射線を当てる

のだそう。

「前回の治療から一年半たったので、そろそろ放射線治療をうける予定」

という発言が報じられていたので

定期的に主治医のいる九州の病院に通っているようです。

 

ちなみに、樹木希林が放射線以外の

他の治療法を選択したのは

一番最初の2004年に発覚した乳がんだけとか。

 

この時は、全摘出手術を受けたんですが

現在通っている病院とは別の病院のようです^^;

 

しかし、約3年後には

腸や副腎(ふくじん)、脊椎(せきつい)などに転移が見つかり

その後、転移と治療を繰り返してく中で

  • 生活の質を落とさず仕事も続けて行きたい
  • 自分らしく楽しく生きていたい

という思いが強くなり

体に大きな負担がかかる手術&抗癌剤治療はしない!

という選択に至ったそう。

 

どうやって現在の病院にたどり着いたのかは分かりませんが

樹木希林が2007年頃?から現在まで治療を受けてる病院は

USAオンコロジーセンター

「がん細胞にピンポイントで放射線を当てる治療で、広範囲に当てないので負担が少ない」

とちょっと知られた治療法を採用してる病院だそうです。

日本に数台しかない『四次元ピンポイント照射』ができる放射線の機械

とかで

一回の治療で300万【保険適用外】

なかなか一般人には手を出しづらい治療法ですね^^;

 

全身ガンが嘘くさいと言われる理由

樹木希林が全身ガンを告白したのが2013年3月。

日本アカデミー賞の授賞式での告白でした。

そりゃあ・・・

「全身ガンだから来年の仕事は約束出来ない」

なんて世間をビックリさせといて

5年もたった現在も元気に生きてるのを見たら

誰だって「嘘くさい」って思いますよね^^;

 

しかし、これは世間の「全身ガン」に対する認識に

少し間違っている為に生じる誤解なのだそう。

 

  • 全身のあちこちに転移して進行してしまってる危険な状態

だけが全身ガンというのではなく

  • 全身に複数のガンが転移しても、進行が遅く症状が出ないガン

も全身ガンというんですね。

 

必ずしも全てのガンが進行している状態ではないんですね。

 

樹木希林の治療法で「放射線治療をしている」と

紹介しましたが・・・

新しいガンが見つかったら、進行する前に放射線治療でやっつける

という方法で

余計な薬物を使用せず、体に放射線以外の負担を最小限に押さえて

「上手く付き合ってきた」のだと思います。

 

嘘くさいと疑われてしまうほど

元気に闘病生活が出来ているのは

樹木希林にとって「幸せな事」なのでしょうね!

 

まとめ

 

私も正直、当初は樹木希林の全身ガン告白が

「なんだか嘘くさいなぁ。まぁ、この人なりのユーモアなのかな」

なんて思っていました。

 

年齢の為に弱ってるようには見えるけど

ガンに侵された患者の悲壮感?を全く感じなかったんですよね。

 

しかし、色々エピソードを知る中で

「生活の質を落とさず、周りの声に流されず」

という形で「樹木希林らしく」治療法を選択してきたことが

 

いつどうなるか分からない状況の現在でも

樹木希林が幸せに見える理由なんだと思いました。

 

これからも

「樹木希林ってまだ生きてるの?」と

世の中の話題の種になるほど

長生きしてほしいと思いますね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です