塩川洋介(FGO)は炎上が趣味で無能?評判や経歴を調査!

こんにちは~やじうま管理人です(^^)

 

今回は、FGO「フェイトグランドオーダー」のプロデューサー

塩川洋介氏についての記事です。

 

正直言うと、私はこの人知りませんっ!(爆)

「なんか炎上してるぞ~どんな人なんだろう?」

と興味本位でTwitterの声を覗いたら

FGOユーザーの反応がツボに入ってしまい

塩川洋介氏に興味津々になりました^^;

 

ということで、今回はFGO塩川洋介氏の

  • 経歴&プロフィール画像
  • 炎上が趣味?発言内容
  • 無能の噂はホント?評判

についてまとめました!

スポンサーリンク


塩川洋介の経歴&プロフィール画像

一応、塩川洋介氏のwikiはあるのですが・・・

プロフィールというにはあまりにも

情報が少ないですね(^_^;)

焦らされれば焦らされるほど興味が沸くってもんです(笑)

 

  • 誕生日は2月15日で年齢は不明・・・
  • FGO PROJECTクリエイティブプロデューサー

という肩書以外に

  • 大阪成蹊大学の客員教授

って事くらいしか分かりません(T_T)

※作成中

 

ただね、ちょっと興味深いネタが・・・

 

「ファイナルファンタジー用語辞典wiki」の

スタッフ・塩川洋介のページにある実績紹介を

「塩川洋介氏が自作自演で書いた」

なんて噂されてるんですね(^_^;)

本人が当然一番良くわかってるんだからいいんじゃない?

なんて思ったのですが

どうやら内容がかなり盛られてるらしく(爆)

 

本人じゃなければ書けない内容だ

なんて声が多く挙がっていました。

 

まぁ、よしとしましょう(^_^;)

「目以外」はかなりイケメンなのでオッケーです♪

スポンサーリンク


炎上が趣味?発言内容

今回、塩川洋介氏の発言で炎上したのは

FGOの運営方針「捨てるプロデュース」で発表した内容。


上記のTwitterで投稿された画像を見ると

いくつかの「捨てる」プロデュースリストの中に

「今FGOを楽しんでないユーザーのことは捨てる」

というのがあります^^;

この「ユーザを捨てる」の部分に

多くの FGOファンが反応してるんですね。

 

正直「捨てるリスト」に全部目を通した上で

最後の炎上部分を見ると

「言いたい事は分かるけど言葉がたりねぇよ!」

って言いたくなる^^;

 

ユーザーがこの部分に反応して炎上する

ことを計算した上なんでしょうね(笑)

 

塩川洋介氏の計算どおり?で

見事に話題にはなってるのですが・・・

 

内容を見ると炎上って感じよりは

「あ~あ、またいつもの始まっちゃったよ」的な

痛い人扱いされてる感じが伝わって面白いですね。

  • 塩川さん、またやっちゃったのね
  • 炎上が趣味になったみたいだな
  • 炎上って感じでもない。塩川の通常営業で炎上芸なだけ
  • 塩川は良いこと言っても悪いこと言っても、結局炎上するんだよ
  • もうちょっと大人になったらいいのに、まぁ塩川だから仕方ないか
  • 塩川は炎上マーケティングの天才だな
  • 炎上芸を狙ってる時の塩川は笑い顔が浮かんできて嫌

 

ユーザーが塩川洋介氏の

「捨てる発言」に怒ってるのではなく

炎上芸確定!みたいに受け入れてるところが

笑えてきます(^_^;)

 

無能の噂は本当?ネットの評判

 

塩川洋介氏についてネットで検索すると

「無能」なんてキーワードがあるんですよね。

ユーザーが塩川洋介氏を評価する時って

「塩川氏が関わった事でFGOが良い方に変化したかどうか?」

で判断すると思うのですが・・・

 

ユーザーの反応はこんな感じ。

  • 余計な事いって炎上させて無能を通り越して有能だと勘違いさせられる
  • ブランド力が強いせいで誰が運営しても成功する事を塩川は分かってない
  • 塩川は爆弾投下しといて尻拭いはシナリオライターにさせるとか、無能丸出しだ

 

個人的な見解では

塩川洋介氏は頭もよく能力もあるはず?だけど

コミュニケーション能力が極端に劣るため

敵が増え「無能」という評価をされてしまう

って事なんだと思いますね。

 

こんなんで、もし

結婚してて嫁とか子供がいるとしたら・・・

どんな会話してるのか聞いてみたいですね(爆)

 

まとめ

結局最後まで塩川洋介氏が

賢い人なのか?無能な人なのか?

分かりませんでした(T_T)

 

年齢も不詳だし、なんとなくやくみつるっぽいし

なんだか色々謎の多い人っていう印象ですね(^_^;)

 

塩川マニアの人で

年齢とか結婚してるのかなど

濃い情報知ってる人がいたらご一報願いますm(_ _)m

スポンサーリンク


4 件のコメント

  • ユーザーを捨てる。この捨てるって言葉が非常に良くない。確かに運営からしたら楽しんでいなくて批判ばっかするユーザーは気に入らないんだろうよ。でも言ってはいけないことってあるわけですわ。企業だって明らかに関係ないことで怒るクレーマーに「うちは関係ないんですけど。文句言いたいだけならやめてください」なんて言わないでしょ?それと同じで時と場合を考えて本音を隠すことって大事なんですわ。でも塩川は隠さず本音をぶちまけた。直接言われるのと言われないのではかなり違うよ。後者は消費者の憶測でしかないんだからね。さらに言えばこう言った本音というか言葉が足りないまたは不適切なことで炎上したことは過去にもある。一番有名なのは外圧発言。塩川が外圧に屈しず頑張りたいと言ったことでかなりの炎上が起きた。この外圧っていうのはいわゆるユーザーからの批評や批判。今の世の中では批判=悪いことみたい(はじめしゃちょー浮気事件など)になってるけど批判っていうのは一概に誹謗中傷のみってわけではない。大抵は改善の要望がほとんどだ。はじめしゃちょー浮気事件が本当にいい例。この事件では「浮気なんて最低です」というコメントでさえも信者に「批判なんて最低」と言われ叩かれることが起きていた。しまいに「ははじめしゃちょーが何しても私たちは味方」とかいう吐きたくなるような頭お花畑のコメントまで出てくる始末。塩川に話を戻せば塩川は自分達に来た批判批評を「自分達」で擁護しているわけである。(はじめしゃちょーのときはファンが擁護していた)要約すれば「ユーザーの批判に屈せず、自分達のやり方を貫き通す」ということだ。良く見れば意思が強い。悪く言えばユーザーと共依存を望まない。自分たちに従えと言える。ただ過去に何度も炎上して今回もしている辺り、この塩川という男は今後一生この姿勢で貫き通すだろう。

  • あくまでも塩川への個人的な意見と思い出書きます。

    塩川はDWに在席する前はFFやキングダムハーツの開発に関わってました。ただし下請け企業として。それを代表作だかで扱われていた。
    その下請け自身で作ってるゲームの開発にも携わってたらしいですが発表前に開発辞めてDWに移籍。FGOの開発を庄司という人から引き継ぎ1年半携わりました。
    一部の人では過去の有名なゲームの開発(3次下請け程度)した事で有能と勘違いしてしまった無能と言われてるみたいです。

    塩川が1年半で行った内容の一部ですが、課金すると金は支払われるが課金アイテムが手に入らないバグを放置。1回目は消費者庁絡みになるまで問題になり。翌年に2回目のその問題が発生しバグ放置発覚。詳しくは炎上までしたので調べるとすぐにわかります。
    次はユーザーを外圧認定。ユーザーの意見は全て敵と認識し、塩川が決めた内容でゲームを満足して遊べみたいな内容です。ユーザーを捨てるというのはそういう満足しない人は今後見捨てると捉えられ、ゲームに携わったスタッフが変わりに謝罪をしたほどとか。
    次はボーナスやキャンペーンアイテム配布を渋る。庄司が運営に携わっていたときはボーナスやキャンペーンでユーザーが入手に手こずるレアアイテムをそれなりに配布していたが、塩川はこれを極限まで減らす。
    次はメンテナンス延長は告知もせず理由もせず行い炎上。詳しくは2017年の夏イベ炎上を調べるとわかります。
    DW社内ではブラック企業みたいな宗教団体とも取れる社訓らしきもので話題になる。
    塩川の演説イベントでは高校生や大学生の発表会レベルのパワーポイント使った薄い内容の演説。

    などこれはごく一部ですがかなりの数があります。
    塩川を調べるより2016年秋から2018年5月頃までのFGOの話題を調べるほうがより塩川についてわかります。

    そしてFGO運営のDWはゲームメーカーとは思えないほど数々の失態を初期からしています。初期の課金ガチャの排出率を偽ったりなど。それでも庄司が指揮して運営してた時は詫びアイテムがそれに見合った量があったのまだ無能でもマシだったのが、塩川に交代した事で詫びアイテムも減り運営が起こす失態は減らないほど。
    そんな状態が続いてる中、塩川の数々の発言がDWに対するユーザーの信用は地の底どころか奈落の底まで落ちてしまってるのです。

    今は塩川から別の人へ交代してますが、それでも行ってきた数々の出来事の為にこのような評価をユーザーが思ってるのです。

  • 連絡内容
    購入分の石が反映されない
    去年も同様のトラブルが発生、改善には至らず。後に反映されるものの期間限定ピックアップを引けなかった人への対応は一切無し。つまり目的を運営側に潰されながら石の購入をさせられたユーザーがいる可能性もある。
    (1月11日の時点でアナウンスあり。1〜10までの10日間事態を放置。)

    福袋ガチャ重複問題
    運営側のバグ及びミスで石の購入で入手できる有償石でのみ引ける全ユーザー一回限りの最高レアリティ排出確定のガチャで、一回の福袋で二回分召喚できてしまったユーザーが200名程おり、そのユーザーはガチャそのものが無かったことになり、ロールバックされた。
    被害ユーザーの中には目的のサーヴァントを引けていたにも関わらずロールバックされ、もう一度1/30の確率に挑まなければならなくなり、逆に目的以外のサーヴァントを引いたユーザーにはもう一度挑戦する権利が与えられた事になる。これは明らかなユーザー間のサービスの格差であると言え、運営からはアイテム等の補填は一切無しのテンプレートメッセージのみの表面的な謝罪しかされてない。
    (1月9日の時点でお詫びと聖晶石10個配布のアナウンスあり)

    ユーザーの求める還元が成されていない
    そもそものfgoは毎年多額な売り上げを挙げ、ソーシャルゲームの流行の最先端を行くゲームであると言って過言では無いが、その売り上げによって成されるユーザー還元がリアルイベントやグッズ展開等ゲーム内には殆ど関係のない還元法であり、ユーザーが求める快適なゲーム環境への改善、サーバー強化、ゲーム内イベントの充実が満たされていない状況にある。挙げ句の果てにはスマホの対応機種をより最新に近づけるのみで、動作不良をユーザーの端末に責任転嫁してると見れる行動もしている。
    これは運営がユーザーの求めているものへの理解を怠り、運営とユーザーの認識の差異が発生していると言える。若しくは現状技術力が頭打ちとなっているものの、それを打開し得るエンジニアの確保を怠っていると思われる。
    元々fgoのトップである元クリエイティブディレクターである塩川洋介(現クリエイティブプロデューサー)は運営への批判をするユーザーを「外圧」と軽蔑ともとれる発言をしており、ユーザーの声と向き合う姿勢がうかがえず、ユーザーを軽視していると思われる発言も多々している。

    悪質なガチャ排出率及び表記法
    このゲームにおける最高レアリティである星5サーヴァントの排出率は1%であるが、それは飽くまで星5サーヴァントが出る確率であり、目的である星5ピックアップサーヴァントの排出率は一切表記されていない。また、星5ピックアップサーヴァントの排出率はこの星5サーヴァントの排出率を上回るものではなく、1%の内の中で対象のサーヴァントの排出率が上がるものであるため、目的のサーヴァントを引く確率は自ずと1%未満となり、天井のシステムを導入していない為、人気のあるサーヴァントであれば数十万単位をガチャにつぎ込んだ上でも入手できないユーザーも珍しくはないという異常な状態。

    メンテナンス終了時間を設定しない、そもそもメンテナンスをしない
    fgoは元々定期メンテナンスを週一ペースで行っていたが、技術向上を理由に定期メンテナンスを廃止した。しかし定期メンテナンスを廃止してから明らかにゲームの動作不良やバグが発生するようになり、運営側はそれを放置、場合によっては緊急メンテナンスを行う事で対処しているが、通知無しの緊急メンテナンスはユーザーがプレイできる時間を無差別に潰し、ユーザーや時間帯によっては連続ログインで獲得できる報酬を獲得できなくなるが、当然運営からの補填は無く、こちらもテンプレメッセージのみの謝罪である。
    また、イベント開始時には殆ど毎回準備の為のメンテナンスを行なうが、最近になって事前通知も無く突然イベントの終了時間を明記しなくなった。これは納期を設定していない無責任な行いであり、ユーザーを不安にさせる要素であると言える。元々fgoの上はメンテナンスを定刻通りに終われない例が少なくなく、ユーザーからの不満は常に絶えなかったが、運営はメンテナンスを素早く行うのではなく、終了時間を隠蔽する事で自身の正当性を示そうとしている。過去のインタビューでは「メンテ終了時刻を守れていない事が多い為、余裕を持った時刻をしたらどうか」という質問に対して塩川氏は「我々としてはちょっとでも早くちょっとでも多くのことを届けたいんです。悪癖なんですが、それでギリギリを攻めてしまうんですよね。安全だけを考えれば、すべて終了時間未定のメンテにすれば簡単です。でも、いつ遊べるようになるのかわからないとお客さんは困ってしまいますから。一応ギリギリのラインで告知はしているのですが、なかなか準備万端にならないのが現状です。」と述べており、メンテナンスを未定とする事はユーザーを困らせる事だと理解していながら行なっているのであり、仮に真に安全性を求めて行なっているのであればそれを含めて通知すべきである。(8月時点で再び記載する様にはなった)

    以前消費者庁に問い合わせた際に作った文章を原文ママですが貼らせて頂きました。

  • 原文ママなので修正点がありました。
    現在はガチャの確率は表記しております。
    誤情報申し訳ありません

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です