横田滋の現在~病名(病気)が理由で洗礼?双子の息子について調査!

こんにちは~やじうま管理人です(^^)

 

今回は、拉致被害者家族会の象徴ともいえる

横田滋(よこたしげる)さんについての記事です。

 

拉致被害者の家族が高齢化し

時間との戦いとなる中で

 

横田滋さんも現在85歳・・・。

正直、あまり時間がありません。

 

今回は、そんな横田滋さんの現在について

  • 入院の理由は?病気・病名は?
  • 洗礼を受けた理由
  • 息子(双子)は何してる?

について情報をまとめました!

 

横田滋の現在は入院中?


横田めぐみさんの父親・横田滋さんは現在

川崎市内の病院に入院してる事が明らかになってます。

 

横田滋さんの現在の様子が今ニュースになったのは

安倍総理がお見舞いに行ったからですね。

入院してる理由(病気や病名)については

次の項で触れるとして・・・

 

個人的には、横田滋さんを

安倍総理がパフォーマンスに利用した

という気がして吐き気がしますね(-_-;)

 

現在、安倍総理の退陣を求め

大規模がデモが行われている状況。

 

北朝鮮との会談を控えたトランプ大統領に会うため

アメリカ訪問をする前に国民にアピールした点数稼ぎ

にしか見えないんですよね。

 

安倍総理がわざわざ入院してる病院に出向いてきた

となれば

今まで何度も期待して、裏切られて、失望して・・・

繰り返してきた横田滋さんでも

「今度は本当になんとかしてくれるかも・・・」

と期待してしまう。

 

横田滋さんへのお見舞いはパフォーマンスじゃなかった

と証明する為にも

トランプ大統領に拉致被害問題の話をするだけでなく

具体的な解決策や行動を見せてほしいですね。

スポンサーリンク


病気・病名は・・・?

横田滋さんは2005頃から現在まで

入院&退院を繰り返していると言われています。

どんな病気(病名)を患っているのか・・・

 

調べてみると

こんな病気を患っていることが分かりました。

 

  • 血栓性血小板減少性紫斑病(けっせんせい・けっしょうばんげんしょうせい・しはんびょう)

 

2005年、まだ横田滋さんが

拉致被害者家族会の代表だった頃

  • ひげ剃りで出血したものの、なかなか止血出来なかった
  • 眼の前が白くなるなど意識障害を発生した

という症状が切っ掛けで病院で検査し

この病気(病名)が判明したそうです。

 

2007年に体調を理由に家族会代表を辞任したのも

こういった理由だったんですね。

 

そして、現在は病気だけでなく

85歳という高齢・・・。

本当に「時間がない」って事を

安倍総理は自覚してほしい・・・

解決策持たずに手ぶらで日本に帰国するな!

という気分です(-_-;)

洗礼を受けた理由

もともとは、めぐみさんが拉致されて7年後

妻の横田早紀江さんが先に洗礼を受けていたのですが

 

その後、2017年11月4日に

横田滋さんも洗礼を受けています。

 

洗礼とは・・・

「キリスト教の信者となる事の儀式」

 

妻・早紀江さんと同じく、川崎市の

日本福音キリスト教会連合中野島キリスト教会

の牧師から洗礼を受け教会員となったそう。

 

横田滋さんが洗礼を受ける決意をした理由に

ちょっと胸が締め付けられる想いがしました・・・

 

妻・早紀江が信仰することに理解を示しながらも

横田滋さんは・・・

「娘をこんな目にあわされて、神様なんているはずがない」

という想いで長年過ごしていたそうです。

 

しかし、体調を崩し85歳という年齢になり

「もう時間がない、藁にもすがりたい」

そんな思いで信仰を決意したんだそう。

スポンサーリンク


息子(双子)は何してる?

横田滋さんには、娘・横田めぐみさん以外に

双子の息子がいるんですよね。

 

父親に変わって、2人の息子が母親と共に

拉致被害者家族会の活動をしています。

向かって左から・・・

  • 母親・横田早紀江
  • 長男・横田拓也(家族会事務局長)
  • 次男・横田哲也(家族会事務局次長)

 

拉致被害者を救う会のサイトに横田滋さんの息子

横田拓也さんが集会で演説した内容が掲載されていました。

 

姉が拉致されてから39年、約40年が経過しようとしている中で、ものすごく長い時間を強いられています。これは横田家だけではなく、ここに並んでいる全員の家族が辛い気持ちを背負って毎日を過ごしているわけです。
時折、心が折れそうになったり、自分たちがどこに向かっているか分からなくなり、自信をなくすことがあります

 

総理大臣初め色々な方から「頑張る」、「オールジャパンだ」ということをおっしゃっていただいています。とてもありがたいと思っています。ただ、答えが出ない限りは、それは私たちにとってはただの言葉にしかならない

 

本当に時間がない。先ほど母から、「今日父は休んでいます」と申し上げましたが、両方とも80歳を越えています。縁起でもありませんが、これだけ頑張って会えなかったら、誰が責任をとるんですか、ということです。姉の基本的人権は誰が守ってくれるんですか、と。そういうことを日本政府は真剣に考えて、具体的な行動に移してほしいと思います。

 

これらの被害者家族の心の叫びを

  • 何の成果も残していない国のトップ
  • 国会で野次を飛ばすのに一生懸命な人
  • 国会でいつもお昼寝するのが日課の人

もう一度、しっかり心に留めてほしいです。

おすすめ関連記事!

まとめ

 

本当に縁起でもないし、考えたくもないけど

ここ数年、拉致被害者の高齢家族が

1人、また1人と亡くなっているのも事実です。

 

横田滋さんは現在85歳。

健康であっても85歳という年齢は身体がキツイ年齢なのに

長年抱え続けた心労や病気もあり

いつ気持ちが切れてもおかしくない状況ですね。

 

横田滋さんの病気に一番の薬は

娘・横田めぐみさんの帰国。

 

横田滋さんも妻・早紀江さんも

そして、横田めぐみさんも・・・

みんなが元気で再会できるのを願います!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です