杉本昌隆七段のかつら?嫁(妻)や子供はいる?経歴&結婚歴を調査!

こんにちは~やじうま管理人です(^^)

 

今回は、日本中の注目を集める中学生・藤井聡太騎士の師匠

杉本昌隆(すぎもとまさたか)七段についての記事です。

 

師匠VS弟子の対決が実現し注目を集めてますね!

ということで、今回は杉本昌隆七段の

  • プロフィール画像からかつら疑惑を検証
  • 経歴や学歴
  • 結婚歴は?嫁(妻)や子供はいる?

 

についてまとめました!

杉本昌隆七段のプロフィール


この杉本昌隆七段と藤井聡太棋士の微笑ましい画像・・・

なぜか教師&生徒に見えてしまいますね^^;

2人とも、とても素敵な笑顔でお気に入りの画像です(笑)

 

まずは、杉本昌隆七段のプロフィールを簡単に・・・

  • 杉本昌隆(すぎもとまさたか)
  • 出身地は愛知県名古屋市
  • 生年月日は1968年11月13日
    ※2018年現在49歳
  • 日本将棋連盟の非常勤理事
  • 名古屋市で杉本晶隆将棋研究室を運営
  • 弟子は藤井聡太・室田 伊緒・中澤 沙耶など

 

東海地区で将棋の普及に力を注いでいる杉本昌隆七段。

藤井聡太棋士が入門してきた際にこんな事を思ったそうです・・・。

「この子をプロ棋士に育てられなければ引退する」

凄いですよね^^;

赤の他人である、しかも子供に

自分の進退かけちゃうんですから・・・

 

杉本昌隆七段がそれだけ覚悟を決めるほど

藤井聡太棋士との出逢いは衝撃だったようです。

かつら疑惑を画像で検証

正直、杉本昌隆七段が「かつら」だろうとなかろうと

どうでもいい話なのですが(爆)

 

どうしても、人って髪型の見た目の違和感に

とても敏感に反応しますよね💦

 

ということで、勝手に

杉本昌隆七段のかつら疑惑を検証しました(爆)

 

プロフィールの項で紹介した杉本昌隆七段の画像と

この、トークショーイベントでの杉本昌隆七段の画像・・・

 

30分ほどじ~~~~~っと見比べてみたのですが(爆)

  • 前髪の額へのかかり方
  • 頭頂部のつむじ部分や分け目の違和感
  • 耳上の地毛とかつらの境界線部分に段
  • 地毛の部分(もみあげ)だけに白髪が目立つ画像がある

 

先入観で「杉本昌隆七段はかつら」と

思い込んでるからこう見えるのかもしれませんが(笑)

 

こんな理由で

「かつらである可能性は大」だと思われます。

もう「かつら」と決めつけてますが^^;

杉本昌隆七段は、黒髪にしたり茶髪にしたり・・・

白髪染めには気を使っているほうだと思います。

 

ただ、どうしても「もみあげ部分」って

おろそかになりがちなんですよね^^;

男性は特に、短髪なのでかつらやウィッグを装着する場合

みあげ部分の白髪はごまかし辛い。

 

あと、かつらの毛と地毛の境目部分は

「髪質」も当然違うので

自然になじませるのは大変です💦

 

私も、一時円形脱毛でウィックつけてたことあるので

杉本昌隆七段の「毎朝の苦労」は分かる気がします(爆)

 

こんな「かつら確定」みたいに語ってて

まったく地毛だったら、笑っちゃいますけどね^^;

 

地毛だったら、美容室変えることをオススメします(笑)

スポンサーリンク


経歴&学歴

杉本昌隆七段のみならず

将棋の棋士の経歴の中で「学歴」は大きな関心事の1つなんですよね^^;

なぜ棋士の学歴が気になるのか?と思って考えてみたのですが

「1日がかりの対局を何十本もこなすのに、いつ学校に通ってるのか?」

と多くの人が疑問に思っているからなんですね(笑)

 

確かに、一時期藤井聡太棋士に対しても

「中学行ってるの?」なんて対局の度に

世間から疑問が挙がっていました・・・。

 

杉本昌隆の学歴についても

出身高校、出身大学などの情報は公になってはいません。

なので、他の棋士のケースとプロ入りの時期を元に推測すると・・・

杉本昌隆七段の学歴は高卒の可能性が高い

と思われますね。

 

杉本昌隆七段は21歳でプロになっているのですが

「大学卒業後にプロになる」ならともかく

「勉強して単位を取りながらプロ」は想像以上に

スケジュール的に厳しいようです💦

 

あの「国民栄誉賞」でおなじみ羽生善治棋士も

高校でさえ、進学したものの出席単位が足りず

通信制高校に転向してなんとか卒業したそうです^^;

 

まぁ、そう考えると時代が違うとはいえ

早稲田大学に進学したひふみんは凄いですね💦

 

今後、杉本昌隆七段の学歴については

正確な情報が明かされたら追記しますね~

ちなみに、杉本昌隆七段の

昇段経歴はこちら・・・

【昇段経歴】

1980年10月 6級 = 奨励会入会(11歳)

1985年2月 初段(15歳)

1990年10月1日 四段でプロ入り(21歳)

1995年12月6日五段に昇段

2000年7月11日 六段に昇段

2006年2月10日七段に昇段

 

スポンサーリンク


結婚してる?嫁(妻)や子供は?

勝手に「独身ぽいな・・・」なんて想像してたのですが

杉本昌隆七段は結婚してるそうです・・・残念(笑)

 

嫁・友美子さんは杉本昌隆七段の9歳年下。

杉本昌隆七段が35歳の時、嫁が26歳の頃に

スポーツ施設で出逢い一目惚れだったそう(^^)

 

なんでも、棋士は運動不足になりがちな事から

親切なファンが勧めてくれたスポーツ施設が

「嫁が働く施設だった」らしいですね~

 

こんな事いうのも何ですが・・・

将棋とか卓球とかやってる人のイメージって

「奥手」って気がしませんか?^^;

 

当時の杉本昌隆七段も奥手で

どうアプローチしたらしたら分からず時は過ぎ・・・

 

一大決心して未来の嫁を誘った言葉がこれだったそうです。

「勝ったら一緒に食事に行ってください」

わぁ~~~この手、サッカーや野球以外でも使えるんですね^^;

この「自分に人参作戦!」が功を奏して

嫁取りに成功したそうですよ(^_-)-☆

 

ちなみに、結婚したのが杉本昌隆七段が36歳ころなので

今から13年ほど前になりますね。

 

小学生高学年の子供がいてもおかしくないですが

子供がいるのかどうか?は確かな情報は分かっていません。

 

杉本昌隆七段の将棋教室には

多くの小学生くらいの子供も通っているようですし

藤井聡太棋士の活躍で注目も浴びていますから

 

「男の子の子供がいたら将棋やるんじゃないかな?」

なんて気がしますね^^;

 

藤井聡太人気で、まさか

自分の嫁や子供についても注目が集まるなんて・・・

杉本昌隆七段も思っても見なかったことでしょう(笑)

 

まとめ

全く想像もつきませんが・・・

師匠の杉本昌隆七段にとって

「弟子がライバルになる」というのは

どんな心情なのか気になりますね^^;

 

弟子の藤井聡太騎士と師匠の杉本昌隆七段。

どっちが勝っても

 

杉本昌隆七段の対局後のコメントが

とても楽しみです(^_-)-☆

今後もますます・・・

師弟で将棋界を盛り上げてしほいですね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です