原哲夫の嫁(妻)の画像!失明の噂は?年収や経歴を調査!

こんにちは~やじうま管理人です(^^)

 

今回は、漫画「北斗の拳」の作者

原哲夫(はらてつお)さんについての記事です。

 

原哲夫さんに会いたいが為に日本に来た

という外国人夫婦をテレビで見て

今さら?ですが^^;

原哲夫さんについて興味が湧きました(笑)

 

ということで、今回は原哲夫さんの

  • 経歴や年収
  • 嫁(妻)の画像や驚きの噂
  • 目の病気?失明の噂

について情報をまとめました!

スポンサーリンク


原哲夫の経歴やプロフィール

初めて、原哲夫さんの顔を画像でみましたが・・・

北斗の拳のイラストのイメージとピッタリ?な印象ですね^^;

 

まずは、原哲夫さんの経歴やプロフィールを簡単に・・・

  • 原哲夫(はらてつお)
  • 出身地は東京生まれ/埼玉育ち
  • 生年月日は1961年9月2日
    ※2018年1月現在56歳
  • タレント・ふかわりょうは従弟
  • 出身高校は東京の私立本郷高等学校

ふかわりょうが「いとこ」というのが

意外でしたね^^;見た目のイメージ全然違うし(爆)

 

原哲夫さんの経歴を見ると・・・

デザイン科に通っていた高校時代から

漫画家を志していたようですね。

 

高校卒業後は、高橋よしひろ氏のアシスタントを経て

1982年に鉄のドンキホーテで連載デビュー。

翌年1983年には、生涯の代表作ともいえる

北斗の拳の連載をスタート。

原哲夫さんが22歳の時からの作品

と考えると・・・凄いです^^;

スポンサーリンク


年収はいくら?

原哲夫さんといえば、北斗の拳。

だれもが知っている漫画の作者ですから

一体年収はどれくらいなのか?

北斗の拳でどれくらい稼いだのか?(爆)

気になるところですよね^^;

北斗の拳意外の作品での収入が分からないので

原哲夫さんの年収を計算するのは難しいのですが💦

 

北斗の拳の単行本でどれほど稼いだのか?

ということで考えると・・・

  • 世界で売れた北斗の拳単行本は1億冊超と言われている
  • 一冊約400円という計算で総売上400億円
  • 印税は10パーセントで、そのうち原哲夫さんの取り分は6%
  • これで計算すると・・・北斗の拳単行本の印税だけで24億超の収入

 

グッズの売上とか、連載とか、他の作品関連とか・・・

ぜ~んぶ合わせて超どんぶり勘定しても(爆)

かる~~~く年収一億は超えてると思われますね。

いやぁ・・・

想像するだけでぶるぶるしちゃいます(爆)

嫁(妻)の画像や驚きの噂とは?

原哲夫さんには、嫁(妻)・原紀子さんがいます。

嫁(妻)の画像がこちら・・・↓

なかなか、素敵な可愛らしい方ですよね(^^)

ただ・・・

ネットで原哲夫さんの嫁(妻)について検索すると

理解不能な変な噂があるんですね💦

原哲夫さんと結婚しているのに、他の男性と事実婚した

というもの。

なんでも、友人である男性が

「原紀子さんと結婚した。しかし、原哲夫さんとは離婚してないので事実婚ですが」

とブログに書き、原哲夫さん側は弁護士が「事実無根」と否定する

大騒動になったようですね^^;

え~~~~~~原哲夫さんの何が不満なのさ~~~?!

なんて思ったのですが・・・

どうやら、その友人男性と原哲夫さんの嫁(妻)のジョークだったそう。

まぁ、事実じゃないので良かったですが

原哲夫さんの立場としたら

面白くもなんともないですよね。

まぁ、なにはともあれ現在も

原哲夫さんと嫁(妻)紀子さんは一応円満のようです(^_-)-☆

原哲夫は失明してる?目の病気の真相は?

もう一つ、原哲夫さんの噂で気になるのが

「目がほとんど失明していて見えない状態」

という噂です。

失明していて作業出来るのか?なんて不思議におもうのですが

原哲夫さん本人が語ったところによると

「円錐角膜という眼を長年酷使したことによる病気で、あまり良く見えない状態」

とのこと。

失明という「完全に見えない状態」というわけではないものの

かなり作業には不便なこともあり

近年は漫画家引退を常に頭をよぎる状態だそうですね。

そろそろゆっくり眼を休ませてあげたい・・・

なんて気持ちがありながらも

原哲夫さんの漫画をもっと見たい・・・

というファンなら複雑な気持ちではないでしょうか^^;

まとめ

日本のアニメは昔から海外でも人気ですが

アニメのみならず、作者である原哲夫さんのファンになり

原哲夫さんに会いたいが為に日本まで来る外国人をみると

 

あらためて凄い漫画家さんだなぁ~なんて実感します^^;

今後も末永く活躍を期待したいですね(^_-)-☆

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です