林奎介(青学)の経歴やプロフ画像は?出身高校や進路も気になる!

こんにちは~やじうま管理人です(^^)

今回は、お正月の風物詩
箱根駅伝2018の注目選手特集!ということで

青山学院大学林奎介(はやしけいすけ)選手についての記事です。

林奎介選手の

  • 経歴やプロフィール画像
  • 出身高校や進路にいて

など情報をまとめました!

林奎介 金栗四三杯獲得の追記あり】

スポンサーリンク


林奎介(青学)の経歴&プロフィール画像


林奎介選手・・・ごめんなさいm(_ _)m

(笑) いきなりなんのこっちゃ?ですね^^;

復路の主役といってもいい活躍を見せた林奎介選手。

画像を見れば・・・

こんなにイケメンなのになぜか?

林選手の記事は走り終わってから書いてます(-_-;)

いまさら書いてもね・・・

なんて思ったりもしたのですが(爆)

「主役を書かないでどうする!」

ということで(笑)

林奎介選手のプロフィールを紹介すると・・・

  • 林奎介選手(はやしけいすけ)
  • 出身地は千葉県
  • 生年月日は96年12月24日生まれ
  • 出身中学は豊四季中学校
  • 出身高校は日体大柏高等学校
  • 身長は174センチ/体重は59キロ
  • 血液型はO型
  • 好きな食べ物はたまごかけご飯
  • 特技は変顔
  • 好きな有名人は吉岡里帆
  • 自分にとって箱根駅伝とは「一度だけでもいいから走りたい」

 

いやいや、なんでもっと早く

林奎介選手のプロフィール見なかったんだろ^^;

なかなか興味深い内容盛りだくさんなんですが・・・

「たまごかけご飯」ってめちゃくちゃ庶民的。

私の海外生活時、たまごかけご飯は心の友でした^^;

変顔・・・気になりますね~(笑)

林奎介選手のtwitterとかに画像が投稿されてないかしら?

ちょっと探してみます^^;

そして、これが一番印象深い。

「一度だけでもいいから、箱根で走りたい」

選手層の熱い青山学院では

「一回出場する」ってだけでも大変ですからね^^;

ただ、今日の林奎介選手の爆走をみると

「いやいや、何をそんなに謙遜しちゃうのさ。来年も当然!」

って思ってしまうくらいの走りでしたね^^;

林奎介選手の出場を決断した原監督自身が

「あいつこんなに早かったか?」

なんてコメントしてました(笑)

 

選手層の厚さから、他の駅伝も含めて

なかなか出場のチャンスが無かった林奎介選手。

 

しかし、今回の「区間賞」という経歴は

来年の箱根、大学三大駅伝、進路、将来・・・

ほんとに大きく影響する経歴となりそうです^^;

スポンサーリンク


林奎介 金栗四三杯獲得

箱根駅伝のMVPに授与される金栗杯は、青学大の林奎介(3年=柏日体)が獲得した。林は箱根駅伝デビューで7区を走り、88回大会で東洋大の設楽悠太(現Honda)が記録した1時間2分32秒の記録を6大会ぶりに塗り替える、1時間2分15秒の区間新記録を打ち立てた。

引用・日刊スポーツ

箱根駅伝で監督もビックリの快走をした

青山学院大学・林奎介(はやしけいすけ)選手。

箱根駅伝のMVPともいえる「金栗四三杯」を獲得して

2度監督をビックリさせました(爆)

出場校21校210名の選手の中のナンバーワン!

そう考えると、林奎介選手・・・

初出場で本当にとんでもないことしちゃいました(笑)

もう、今から来年のお正月が楽しみですね(^_-)-☆

 

出身高校はどこ?あの有名人も・・・

千葉県出身の林奎介選手の出身高校は

中学・高校ともに地元・柏市の学校を卒業してるようですね。

中学は柏市の豊四季中学校。

そして・・・

林奎介選手の出身高校は日本体育大学柏高等学校。

私立の高校なのですが

「日体大」というだけあって運動部の活動が盛ん。

特に

林奎介選手も在籍していた陸上部(長距離・短距離・駅伝)は

「強化指定部活」となっていて千葉県有数の強豪校のようです。

 

林奎介選手と同じく

「日体大柏高等学校」出身有名人を調べてみると・・・

いやぁ~~~プロサッカー選手の多いこと(笑)

多すぎるで名前はあえて並べませんが・・・

地元だけあって柏レイソルの選手がずら~~~っと

名を連ねていました^^;

来年も是非、箱根で今年以上の爆走を見せて

林奎介選手の名前も

「有名卒業生」に掲載されることを望みます(笑)

卒業後の進路は?

現在3年生の林奎介選手。

進路はまだ確定していないと思われます。

大学駅伝の選手は、大学駅伝での経歴によって

卒業後の進路の選択肢が増えるといいますが・・・

そう考えると、今回の林奎介選手の活躍は

青山学院大学の4連覇に貢献する成績!

というだけでなく

数ヶ月後、進路決定に大きく影響する経歴

となるのは間違いないでしょう。

今回の活躍で、実業団のスカウトからも

しっかり目をつけられる存在になったと思われますね。

2~3年後の実業団のニューイヤー駅伝では

林奎介選手を含め、箱根を制した元青学メンバー同士の

壮絶な戦いが見られるかも?なんて思うとわくわくします(笑)

それにしても・・・

走った林奎介選手ももちろん立派なのですが

この才能を見抜いて起用した原監督。

本当に恐れ入りましたm(_ _)m(爆)

【駅伝・青山学院関連のオススメ著書】

 

 

箱根駅伝2018の関連記事「その他の注目選手」

【青山学院大学】

【駒沢大学】

【順天堂大学】

【東海大学】

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です